昭和の自転車

2016年10月28日

薬局で使われていた古い自転車です。

男女共にお乗りいただけるサイズです。

カテゴリー:BLOG

MONTREUX JAZZ FESTIVAL JAPAN 2016

2016年10月19日

先日 恵比寿ガーデンホールで行われたモントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2016と言う音楽イベントに行って参りました。昔、生でDJを観て以来ファンになったドイツのテクノアーティスト ヘンリク.シュワルツもまた観れるということで前もってチケットを購入。 会場は年齢層高めでみんなシャンパンなんか飲んでいました。ライブは本当に最高だった。。ヘンリック.シュワルツ×板橋 文夫×Kuniyuki この3人のライブが最高だった。板橋 文夫の名作 「渡良瀬」にヘンリック.シュワルツがビートを乗せてくる所、Kuniyukiのシンセ、スリリングな抜き差しが交差し、まさに現代のjazzがそこにあった。板橋 文夫のソロではグランドピアノから弾かれる美しく熱い情熱の渦に包まれ涙が出そうになった。夜の部門ではAkiko KiyamaのLIVEがノイジーで即興的、まさにjazzだと感じた。爆音で良い音楽を体で感じて温泉よりも良い効果を感じたイベントでした。

jazzの定義は人によって違うと思う。 即興性、自由 、そして本人がjazzだと言ったらjazz、そんな感じで考えています。jazz好きのjazzな生き方。 いいですね。皆さんとも良いグルーブで魂を共鳴させ感動を分かち合えたらなと考えてた今日この頃でした。

カテゴリー:BLOG

アキ.カウリスマキ blue-lay DVD BOX pt1 pt2

2016年10月17日

酒、煙草、バンド、旅 、労働者が好きなユーモア溢れるフィンランドの監督
小津安二郎を敬愛していたらしくスクリーンに映る小物などにもかなりのこだわりがあり、SPACE DOH的にも毎回発見があります。

監督曰くハリウッド映画は幼稚園との事
ハリウッド映画の面白さとは真逆の面白さがしっかりと感じられます。
映画自体は小難しい訳ではなく煙草や酒をやりながら気楽に観るのが良い
独自の色調 かっこいい構図で淡々としている感じとこれまた独自のユーモアが折重なり癖になってしまいます。
映画を観始めて常連のマッティー ペロンパーが登場すると思わずニヤリとしてしまう。
このDVDBOXに集録されている映画の本数はpt1.2合わせて16本 短編が8本と見応えがあります。
全作品安定して面白いが印象に残った作品は レニングランドカウボーイズシリーズと「真夜中の虹」
レニングランドカウボーイズ はスリーピースリーパーズと言うバンドを監督が架空のバンド役で映画に出演させたのがきっかけで映画の枠を超えてカルト的な人気が出ました。
メンバーは10人前後 旧ソ連の軍服にトンガリ靴とトンガリリーゼントヘアにサングラスと異様な出で立ちでロシア風で放牧的なロックを奏でる
この2作品はロードムービー系で笑えるし観てて楽しい気分になります。

「真夜中の虹」この作品は何をやっても上手くいかない主人公がしまいには刑務所に入れられてしまいそこで知り合った男と脱獄 そして最後の賭けに出る というような内容で淡々としたハードボイルドと乾いたテンポの良さに心地よく痺れ 気分が良くなりました。

煙草への愛 バンドへの愛 酒への愛 大衆への愛 映画への愛を感じる愛すべき監督だと思います。

カテゴリー:BLOG

勅使河原宏 DVDBOX

2016年8月14日

好きな映画監督の1人である勅使河原宏のDVDBOXをやっと入手 1日に一本ずつ味わってワールドを体験しました。

 

昭和期 和製サイケデリック オリジナルの映像世界

生花 陶芸 舞台など様々な分野で才能を発揮した人です。
安部公房と組んだ作品 「落とし穴」「砂の女」「他人の顔」「燃え尽きた地図」当然どれもが素晴らしくデヴィットリンチのような感覚を感じるがこの人のほうが先
音楽の武満徹 グラフィックデザイナーの粟津潔 この人達の感覚もまた好物です。
リンチ好きにも勧めたい「燃え尽きた地図」や短編集内の青春の生気と躍動感に満ちた「白い朝」の音声のコラージュ的処理がおもしろくノイズミュージックのようでした。
また、「サマーソルジャー」は安部公房原作から離れ独自に企画した最初のフィルムで ヴェトナム戦争時の日本での米軍脱走兵の苦難の日々を描いたロードムービー。
ラストが秀逸で後からじわじわ来ました。

 

映画だけでなく様々な芸術ジャンルを往復する勅使河原宏の自由な生き方、世界観に再度感銘を受け自分でも時間を作って映像作品や音楽を作りたくなってきました。

次回はアキ.カウリスマキ Blu-rayDVDBOXについて書きたいと思います。

カテゴリー:BLOG

Maki Asakawa

2016年4月01日

こんにちは、SPACE DOHです。

makiasakawa

近頃よくこのLPを聴いています。

脳裏に焼き付いて離れない歌声とメロディー。日常でも気がつけば、つい口ずさんでしまいます。そしてまた聴きたくなる。

このLPを聴いて彼女がどんな人なのか知りたいと思いました。

 

浅川マキさんは音質やジャケットデザインなどに一貫した美意識を持ち、CDの音質に懐疑的な姿勢であったそうです。

私は彼女の作品をCDで聴いたことはありませんが、レコードで聴く彼女の声には本当にしびれてしまいます。細かいところにまでこだわりを持って作ったモノには魂が宿ることを証明してくれていると思います。

愛煙家でもあったというマキさんのレコードのジャケットでは、タバコを咥える彼女の姿がよく見られます。これがまたかっこいいんです。

 

そして2010年、急性心不全で亡くなったマキさん… 2001年には私の地元である三沢市にある寺山修二記念館でもその歌声を披露していたようです。ちなみに、マキさんは寺山修二によって見い出されたそうです。是非、是非、生で聴いてみたかった、観てみたかった!!

 

浅川マキさんの音楽をこれから聴き始めるという人にはレコードで聴くことをお勧めしますよ〜!

カテゴリー:BLOG

映画『GONIN』

2016年2月26日

こんにちは。今日は映画『GONIN』についてちょっぴりかかせていただきます。

gonin

去年、ブルーレイでGONINが発売され即購入しました。

この作品は私の中で、邦画バイオレンス部門TOP3に入ります。続編のGONINサーガも少し前に映画館で上映されていましたが、そちらはまだ観ていません。

 

映画GONINは、竹中直人がタランティーノ監督の『レザボアドッグス』に影響を受け、男だけの映画を作りたいということで石井隆監督に監督・脚本を呼びかけ、資金やキャストを集めてきたりと大変情熱のこもった映画のようです。

ストーリーは、社会から弾き出された5人の男たちが一発逆転を狙ってヤクザの事務所を襲撃して大金を強奪するも、ヒットマンに追われ・・・といった感じです。

 

まず竹中直人が絶品です。そしてビートたけしは最高にキテます。私は北野映画のファンでもあるのですが、GONINでのたけしの芝居が一番好きかもしれません。・・・めちゃくちゃ怖いですよ!笑

根津甚八も最高にかっこいいですし、本木雅弘は動きから何から兎に角いいんです!歌やダンスが劇っぽくて、それがGONINの非日常な世界観とマッチしています。雨の夜の二人(根津甚八と本木雅弘)の襲撃シーンは必見です。二人とも本当にかっこよくて色っぽいんです。(ちあきなおみのカセットテープが欲しくなりました。)

佐藤浩市や他の役者もすごくよくて、皆さんハマり役です。この時の、この人たちが演じたからこそ、ここまでの映画になったんだなぁとしみじみ。

 

映画は光と影と言いますが、この映画の光と影の使い方、色、クローズアップ、細かいカット、緊迫した状況の表現など綺麗で素晴らしいと思いました。キャラクターの登場シーンと死に際も印象的です。組長の最後なんかもイっちゃってましたね。

 

石井隆監督は役者さんを魅力的に撮るのが上手いんですね。

水の音(命の音)で始まり水の音で終わる。

最高にイケてる映画です。バイオレンス好きな方、オススメです。

 

カテゴリー:BLOG

【休業日】8月6日〜9日

2015年8月04日

休業日のお知らせです。

8月6日から9日の四日間、お休みをいただきます。

この間、商品の発送等の業務は出来ませんが、ご注文は通常通り承っております。8月5日午後4時以降のご注文は、10日以降に発送、対応となりますのでご了承下さい。

 

 

 

カテゴリー:BLOG

寺山修司演劇祭2015

2015年7月30日

みなさんこんにちは。連日暑い日が続いていますね。

SPACE DOHとお客様はこの暑い夏を涼しくハッピーに乗り切ります。そして、美しい秋を迎えることでしょう。

これも宇宙の法則です。ニヤリ。

 

先日、私の地元で寺山修二演劇祭2015というイベントがあり、演劇実験室◎万有引力による『奴婢一般による関する総則』を観てきました。

寺山修司主宰の演劇実験室◎天井桟敷の『奴婢訓』を1987年に初演されたシーンを元にイメージ化した作品ということで期待は高まります。

以前からアングラ演劇を一度生で観てみたいと思っていたのでラッキーです。すぐさま整理券を貰いに星野リゾート青森屋へ。

人はまばら、温泉のお客さん、妖しげなおじさん。以外にも地元の人はあまりいないようでした。会場へ入ると既に照明は暗く、怪しいピアノの反復音が響く中、ステージ上で白塗りの男女が雑巾やモップをゆーっくりとかけているその様とその音にただならぬ雰囲気を感じました。

劇が始まり視界は完全な闇。そしてマッチの炎を連続して灯しながら、白塗りの男が激しく動き回ります。やられます。

そして生ドラム ドーン!

バックの光に包まれ多数の白塗りの男女がゆっくりと、そしてそれぞれ奇怪な動きで登場。

煙・音楽・生ドラム・VJ・日本的な小道具・衣装・歌・個性的な演技、しびれました。後から気がついたのですが、しびれる生ドラムをたたいていたのは J・A・シーザーさんだったようです。…話しかけたかった!!

 

来て良かった。

最後まで刺激的で本当に面白かったです。

 

ありがとう寺山修司!万有引力!

また来て下さい。

カテゴリー:BLOG

休業のお知らせ【7月7日〜9日】

2015年7月05日

休業のお知らせです。7月7日〜9日まで、三日間のお休みをいただきます。

商品の発送等の業務は出来ませんが、ご注文は通常通り承っております。

新商品もまとめて掲載したので、どうぞ皆さんご覧になって下さい!

 

 

青森県は昼と夜との寒暖の差が激しいのですが、皆さんがお住まいの地域はいかがでしょうか?

体調管理に気をつけて、今年の夏も乗り切りましょう!

カテゴリー:BLOG

はじめまして、こんにちは。

2015年5月08日

はじめまして、SPACE DOH(スペース堂)です。

アンティーク・ヴィンテージ品を中心としたショップを始めました。

 

私は妖しく輝くウランガラスが好きです。

また、古い物・ハンドメイド品・作り手の精神性がビシビシ伝わる物を探しています。

 

この店を始めたきっかけは、骨董品に興味を持ち収集していくうちに、古い物の良さをもっと多くの人に知ってもらいたいと思うようになったことからでした。

同じ型のガラスでも一つ一つ手にとってみると、歪んでいて不揃いだったり、どこか暖かい感じがします。

壊れても同じものが手に入る保証はないけれど、そばにあると毎日の生活がちょっぴり楽しくなるような。

 

欲しい物はなんでも手に入る。

壊れたら新しい物を買えばいい。

 

物で溢れた現代、なんでも当たり前のように買うことが出来ますが、

自分だけの一品を見つける喜びを、みなさんと一緒に分かち合っていきたい。と、思っています。

 

このブログでは、私の趣味である音楽・映像・写真などを発信したり、古い物やアートに関する情報交換をみなさんとしていけたらと考えています。

また、店舗に関するお知らせ等もお伝えしていきます。

 

駆け出しですが、どうぞよろしくお願いします!

カテゴリー:BLOG